宮大工として神社仏閣の設計・施工(新築・増改築・解体修理)、御神輿・山車の新規製作・修理をしています。近況報告や現場の状況などをご案内いたします。


by syajikomusyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:神社( 9 )

千葉県習志野市にある津田沼八坂神社の御社殿・鳥居新築工事の事例です。
総代や氏子の皆様は神社のことをとても真剣に考えておられたので、皆様のアイデアと宮大工の建築知識が融合することで、使い勝手がよく、見目にも立派な社殿を建てる事ができた事例です。

http://www.orido.co.jp/results/jinja/results24

f0072347_11445428.jpg
神社が完成した様子です。
f0072347_11445418.jpg
社殿のサイズを、担ぎ棒を外した御神輿が納まるようにしました。
f0072347_11450571.jpg
もともと石の鳥居がありましたが、
「木がいい」とのことで、木の鳥居に新築しました。


by syajikomusyo | 2017-10-31 11:46 | 神社
神社建築の実績ページの内容を更新しました。

今回ご紹介する実績は、千葉県松戸市にある松戸神社の神楽殿新築工事です。

通常、神楽殿は、その名の通り「御神楽」を舞うための広い舞台があり、その奥に神殿があります。しかし、御神楽を舞う行事以外では、利用することがほとんど無いのが実情です。

そこで、特注レールを利用した移動式舞台で、さまざまなイベントに対応できる神楽殿に仕上げました。

f0072347_15580207.jpg

by syajikomusyo | 2017-08-31 16:00 | 神社
神社建築の実績ページの内容を更新しました。

今回ご紹介する実績は、千葉県神社庁新庁舎内にある神殿新築工事です。

主要木材としてヒノキと米ヒバを用いた神社新庁舎内の神殿新築工事を行いました。
玄関唐破風屋根の屋根木下地と銅板工事も行いました。

宮大工の経験を活かし、お客様のご要望をかなえた美しい造りに仕上がりました。

by syajikomusyo | 2017-08-31 15:35 | 神社

鳥居の解体修理工事

付属建築物の実績ページの内容を更新しました。

今回ご紹介する工事は、鳥居の解体・修理工事です。鳥居の工事も宮大工が行っています。

今回の鳥居工事に当たっては、「できるだけ既存の鳥居の部材を再利用して予算を抑えたい」というご希望がありました。

既存の部材を使用すると、新築よりも強度を出すことが難しく、難易度が高い工事となるため、「専門家である宮大工に頼むべきである」とのことで、当社へご相談をいただきました。

永い時を経た古い木材を活かし、さらに数百年の風雪に耐える強靭な鳥居に生まれ変わりました。


by syajikomusyo | 2017-07-25 16:49 | 神社
実績ページの内容を更新しました。

千葉県船橋市宮本の「船玉神社」は、漁業の安全を護る神社です。宮司様は「だから、舟の舳先をモチーフにした神社を建てたい」と仰ったのです。

宮司様のスケッチは、船の舳先をモチーフにした形から始まり、細部にわたって宮司様のこだわりが余すところなく表現されていました。

神社建築としての様式、決まり事からは逸脱している部分もあったのですが、第一印象として、私は「これは面白いなぁ!」と思いました。

私ども宮大工は、宮司様のご意向を出来る限り忠実に形にすることを決めました。

by syajikomusyo | 2017-07-20 17:36 | 神社

御社殿新築工事

実績ページの内容を更新しました。

施工内容は、12坪の御社殿新築工事です。柱はヒノキ、その他の化粧材は米ヒバを使用しました。
外壁は一般的な「羽目板」ではなく、防火対策として、モルタル吹付塗装仕上げとしました。見た目が漆喰壁に近いものとなるよう、粒子の一番細かい塗装材を使う等の工夫をしました。
伊勢神宮を発祥とする伝統の神明造で再建。神明社の名に恥じぬ社殿になりました。




by syajikomusyo | 2017-07-19 10:15 | 神社

実績ページの内容を更新しました。

施工内容は、屋根銅板吹き替えと向拝改築工事、境内社の伊勢神社・屋根替え工事です。
屋根銅板に腐食が見つかったため、「被害が大きくなる前に、思い切って葺き替えたい」ということでご相談を受けました。
単なる屋根替えではなく、ヒノキ材を使用した唐破風を付け、風格を備えた社殿に生まれ変わりました。



by syajikomusyo | 2017-07-18 17:50 | 神社
実績ページの内容を更新しました。

社殿・手水舎・社務所の新築工事(柱はヒノキ、その他の化粧材は米ヒバにて施工)。境内末社の改修工事。お客様のこだわりと宮大工の技の融合。ご予算を抑えつつ意匠性の高い建築が実現しました。

千葉県柏市にある安房栖神社は、小さいながらも、歴史のある立派な造りの御社です。
by syajikomusyo | 2017-07-14 14:14 | 神社

船玉神社

f0072347_13472348.jpg


f0072347_1347495.jpg


すっかり、ご無沙汰しております。

久しぶりの更新です。



写真は、「船玉神社」です。

大きさは、基礎石部分で 9尺4寸×11尺4寸

本体部分で、間口5尺×4尺 向拝が3尺出ています
全体の高さがおよそ14尺です。

この神社は、近隣の漁業の安全を護る神様として
古くから地域の皆様に大切の護られてきた神社です。

しかしここ数年、老朽化が進み
「参拝の方にも危険が及ぶ恐れもある」
と判断し、建て替える事になりました

設計の段階から
「船をイメージした形にしたい」
という、宮司様の強い要望があり、
いろいろ調べましたが、「船の形をした神社」
と言うのは、他にはなかったのですが、
宮司様がご自分で、簡単なイメージの絵を書いてくださり、
それを元に、当社で図面をおこし、
宮司様に了承を頂き、着工となりました。

f0072347_13502784.jpg


屋根の正面は「軒千鳥破風」となっています
一般的に、「軒唐破風」と言うのは見かけますが、
千鳥破風というのは私自身、見たことがありません。
しかし、正面に取り付けた船の舳先の曲線に、
破風板の曲線が重なり、美しい形になりました。

社寺建築は伝統や決まりごとに忠実に仕事をしないと、
まったくおかしな物になってしまうのが、普通ですが、
今回に関しては、前例がないが、
面白いものができたのではないかと思っております。


宮司様を始め、関係各位の皆様のご協力の下、
このように素晴らしいものが完成しました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。
by syajikomusyo | 2007-01-20 13:51 | 神社