人気ブログランキング |

宮大工として神社仏閣の設計・施工(新築・増改築・解体修理)、御神輿・山車の新規製作・修理をしています。近況報告や現場の状況などをご案内いたします。


by syajikomusyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

近況報告です

今朝の習志野方面は、強い風と強い雨です。
嵐のような天候のなか、現場仕事は困ってしまいます。。。


前回の投稿からもう8カ月近くたっております・・・・

皆様ご無沙汰しております。

結構いろいろなところで、様々な方々に、
「ところで、ブログどなってんの?!」
とのご指摘を受けることが多くなってまいりました(^^;)

私が思っている以上に、多くの方がご覧になっているようですね。

それなのに、怠慢なブログで申し訳ありません・・・。

以後、気をつけますので、どうぞ温かい目で見守って頂ければと思います。

m(._.)m


さて、前回投稿したお寺のほうは、昨年末に完成しました。
いろいろありまして、引き渡しが予定より遅れてしまい、
御住職様にはご迷惑をおかけしました。

それでも、完成した姿にはご満足いただけたようです。

近況報告です_f0072347_8281980.jpg

※組物の様子です

近況報告です_f0072347_829864.jpg

※完成後の正面図

近況報告です_f0072347_8295116.jpg

※その後、御住職の御意向で一部彩色を入れました
# by syajikomusyo | 2013-07-05 08:30 | 寺院

ご無沙汰しております

すっかりほったらかしで申し訳ありません(^^;)

突然、思い出したように更新です


というのも
「職人魂」という、
地元のケーブルテレビの番組の取材を受けまして
その放送が、10月から始まっております

15分ほどの番組ですが、10月中に4~5回放送されるようです

ただし、JCN市川・船橋・習志野という、限られたエリアでの放送ですので
もし、放送圏内の方がいらっしゃいましたら
ご覧いただければ幸いです


おもに、現在当社で施工中の船橋市内のお寺の仕事の様子を紹介しているようです


ご無沙汰しております_f0072347_19471071.jpg


ご無沙汰しております_f0072347_1955231.jpg


ご無沙汰しております_f0072347_19473686.jpg




ちなみに我が家はケーブルテレビの契約をしてませんので、観れません(T_T)
# by syajikomusyo | 2012-10-09 19:48 | 近況 その他

謹賀新年

新年 明けまして おめでとうございます

昨年は、多くの皆様に、大変 お世話になりました

ここ数年、厳しい経済情勢が続いており、
建設業界も、その影響を多大に受けております

そんな中、当社のおいては、皆様のご愛顧を頂き
様々な工事のご依頼を賜り、貴重な経験もさせて頂きました

本当にありがとうございました

兎年の本年は、皆様の飛躍の一年となりますよう
私共も、建築の仕事において
お役に立たせて頂きたいと考えております

どうぞ宜しくお願い致します


お施主様への感謝をこめて
2010年にお世話になった幾つか工事をご紹介いたします


☆埼玉県某寺院 鐘楼堂

謹賀新年_f0072347_12382148.jpg

柱間で11尺ほどの建物ですが、総ケヤキ・二手先の斗供に尾垂木もついて、とても豪華な鐘楼堂です



☆船橋市内某所 小宮

謹賀新年_f0072347_13162918.jpg

施主様の熱意もあり間口2尺ほどの小さいお社ですが
細部にまで神経を使って施工させて頂きました



☆某神社関係施設内 神殿

謹賀新年_f0072347_13232129.jpg

大規模な建物(非木造)の内部に設置した神殿です
社寺建築は、多くの方々の目に触れる、公共性の高い建造物ですので
鉄筋コンクリートの建物の中にある、こういう建造物だからこそ、
中に入って参拝する皆様が心から癒されるかどうか、
我々の技量が試される機会だと思います



☆柏市内某所 神社

謹賀新年_f0072347_13275380.jpg

現在工事中のこの神社では、既存の本殿を覆屋殿におさめ、幣殿15尺×9尺、
拝殿18尺×12尺には唐破風の向拝、出組に斗供もつけ、しっかりした作りの神社です
こちらの御施主様も、建築に詳しい方々ですので
限られた予算の中ではありますが、精一杯の装飾を施しております



☆八千代市内 F邸リフォーム

謹賀新年_f0072347_13561097.jpg

ある神社がご縁で幾度か御相談を受けていたお客さまで
昨年、玄関周りや外壁など、F様の念願であったリフォーム工事を施工させて頂きました
もちろん、当社の専門分野ではありませんが
御施主様のご希望に合うならば、喜んでお受けしております
# by syajikomusyo | 2011-01-01 00:01 | 近況 その他

ドールハウス

娘が通う育児施設からの依頼で、
子供のおもちゃを作ってみました

≪ドールハウス≫

ドールハウス_f0072347_957040.jpg


いわゆる「お人形さんごっこ」で使うお人形のおうちですね。



小さい子供は、テラスのところに人形と一緒に座って遊んでいるそうです



≪積み木≫

≪ポスト≫

ドールハウス_f0072347_9494446.jpg


左側の積み木は1cmずつサイズの違うものが10種類あります
大きさを比べらながら揃えたりする訓練になるそうです

右側のポストは、木で作ったカードを上から入れると
下から飛び出してくるようになっていて、
小さい子供はそれが楽しいらしく、
何度も何度も、いつまでも遊んでいるようです


写真を見ただで、作ったものなので
市販のものと比べると見劣りするかもしれませんが
子供たちは喜んでいるようなので、
よかったです
# by syajikomusyo | 2010-02-17 09:55 | 近況 その他

2010年1月

すっかりご無沙汰の更新でございます。。。
あっという間に前回更新から一年以上たってしまいました。

≪2010年 平成22年 庚寅≫

2010年1月_f0072347_8295370.jpg


2010年1月_f0072347_8313335.jpg


当社は今年も、新築などを含め、いくつかの工事が予定されております。

規模の大小にかかわらず、施主様のご期待以上のものを建立すべく
努力精進してまいります

また、その工事を通して、その地域に
「新たな歴史を創造し、永遠の未来に遺す」ための
お手伝いをさせていただければと考えております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します
# by syajikomusyo | 2010-01-23 08:32 | 近況 その他

観音寺

立冬を過ぎ、ずいぶん寒くなりましたね。
ついこないだまで、シャツ一枚で平気だったのですが、
今は何枚か重ね着しております。。。

『観音寺』をご紹介いたします。


観音寺_f0072347_11231287.jpg

柱の加工です。
丸柱は、始めに正八角形に仕上げ、その後、16角形・32角形・64角形
という手順で角を落としていき、最後は丸鉋(マルガンナ)で仕上げます。




観音寺_f0072347_1126526.jpg

建方の途中です。
軒周りは二手先の斗供で、尾垂木もついております。




観音寺_f0072347_1128921.jpg

小屋組みの様子です
軒周りには、括木(はねぎ)が、細かく入っております
軒裏に隠れてしまう部分ですが、瓦屋根の重量を支えるため、
お客様が見たら驚くような丸太が、ぎっしりと入ります。
しかし、ここをおろそかにすると、数年で軒の線が歪んでまいります。




観音寺_f0072347_1131926.jpg

隅の軒周りを見上げたところです。
桧の美しさが、組物や軒の線の美しさを引き立たせます




観音寺_f0072347_11331637.jpg

最近の新築では、比較的少なくなった方形(ほうぎょう)屋根です。
一見、地味な形にも見える屋根ですが、
それだけに、線を表現するセンスが問われる屋根です。
隅棟や軒の線が描く「曲線」だけがこの屋根の美しさを作り上げる。。。
玄人好みの屋根と言ってもよいかもしれません。




観音寺_f0072347_11374592.jpg

# by syajikomusyo | 2008-11-13 11:39 | 寺院

光明寺倶会堂 その4

お待たせいたしました。
いよいよ最終工程です。

光明寺倶会堂 その4_f0072347_8333951.jpg
屋根野地も終わり、瓦葺きが始まりました。



光明寺倶会堂 その4_f0072347_835265.jpg
「本葺き」なので、仕上がりは重厚な雰囲気になります。



光明寺倶会堂 その4_f0072347_8361573.jpg
隅棟の鬼瓦です



光明寺倶会堂 その4_f0072347_837410.jpg
唐破風周りもできました



光明寺倶会堂 その4_f0072347_8375745.jpg
屋根の頂点に取り付ける「宝珠」には火焔付きのものを使用しました



光明寺倶会堂 その4_f0072347_8405872.jpg
飾り金物もついて、足場を取ればほぼ完成です



光明寺倶会堂 その4_f0072347_8415260.jpg
室内の様子です。内部には、一般の人は入れない造りになっていますが、ガラス越しに中を見ることはできます。



光明寺倶会堂 その4_f0072347_8432328.jpg
ついに完成です
# by syajikomusyo | 2008-10-23 08:44 | 寺院

光明寺倶会堂 その3

いつも、ご無沙汰しちゃって申し訳ありません
時々、思い出したように更新しております。。。

さて、すっかり間があいてしまった「光明寺倶会堂」の様子です。
懲りずに続きをご紹介いたしますね。

光明寺倶会堂 その3_f0072347_95848.jpg

唐破風に、裏甲をつけました。
唐破風の野地を支える野棟木も入れていきます



光明寺倶会堂 その3_f0072347_98551.jpg

括木(はねぎ)も入れていきます
この括木が、軒の重量を支えるための
重要な梁になります



光明寺倶会堂 その3_f0072347_913147.jpg



光明寺倶会堂 その3_f0072347_9135143.jpg

裏甲・括木・母屋がおさまり
野垂木・野地板を取り付け、下屋の部分が終わりました



光明寺倶会堂 その3_f0072347_9155256.jpg
上屋根の工事に入りました
斗供を組み上げ、桁や隅木を乗せていきます



光明寺倶会堂 その3_f0072347_9161152.jpg



光明寺倶会堂 その3_f0072347_919325.jpg
地垂木と木負を取り付けたところです
上屋根は「扇垂木」で「居定垂木」のため、
加工の段階では、なかなか大変でしたが、
取り付けるのはそれほどでもありませんでした。



光明寺倶会堂 その3_f0072347_9233346.jpg

裏甲を取り付け、母屋や括木を入れ
屋根野地に向かいます



光明寺倶会堂 その3_f0072347_9262129.jpg



光明寺倶会堂 その3_f0072347_9264379.jpg

もうすぐ、屋根野地も完了です



つづく。。。
# by syajikomusyo | 2008-09-26 09:27 | 寺院

船玉神社

船玉神社_f0072347_13472348.jpg


船玉神社_f0072347_1347495.jpg


すっかり、ご無沙汰しております。

久しぶりの更新です。



写真は、「船玉神社」です。

大きさは、基礎石部分で 9尺4寸×11尺4寸

本体部分で、間口5尺×4尺 向拝が3尺出ています
全体の高さがおよそ14尺です。

この神社は、近隣の漁業の安全を護る神様として
古くから地域の皆様に大切の護られてきた神社です。

しかしここ数年、老朽化が進み
「参拝の方にも危険が及ぶ恐れもある」
と判断し、建て替える事になりました

設計の段階から
「船をイメージした形にしたい」
という、宮司様の強い要望があり、
いろいろ調べましたが、「船の形をした神社」
と言うのは、他にはなかったのですが、
宮司様がご自分で、簡単なイメージの絵を書いてくださり、
それを元に、当社で図面をおこし、
宮司様に了承を頂き、着工となりました。

船玉神社_f0072347_13502784.jpg


屋根の正面は「軒千鳥破風」となっています
一般的に、「軒唐破風」と言うのは見かけますが、
千鳥破風というのは私自身、見たことがありません。
しかし、正面に取り付けた船の舳先の曲線に、
破風板の曲線が重なり、美しい形になりました。

社寺建築は伝統や決まりごとに忠実に仕事をしないと、
まったくおかしな物になってしまうのが、普通ですが、
今回に関しては、前例がないが、
面白いものができたのではないかと思っております。


宮司様を始め、関係各位の皆様のご協力の下、
このように素晴らしいものが完成しました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。
# by syajikomusyo | 2007-01-20 13:51 | 神社
更新がすっかり遅くなってしまって申し訳ありません。。。

光明寺倶会堂の続きです。



光明寺 倶会堂 その後。。。_f0072347_7191539.jpgいよいよ、現場での建方です。使う材料をすぐに出せるよう丸柱をならべます。


光明寺 倶会堂 その後。。。_f0072347_721264.jpgこちらは小屋梁。今回は松丸太を使ってます。


光明寺 倶会堂 その後。。。_f0072347_7225463.jpgクレーンを使っていよいよ建てはじめました。大工としては一番エキサイティングなところですね。


光明寺 倶会堂 その後。。。_f0072347_728176.jpgあっという間に進んで(?)これは(二層目)下屋の屋根の斗供です。


光明寺 倶会堂 その後。。。_f0072347_7285357.jpg化粧隅木が納まりました。


光明寺 倶会堂 その後。。。_f0072347_7294766.jpgさらに進んで、正面の唐破風周りです。もう化粧裏板も終ってますね。


続きはまた次回。
今度は、早めに更新します!?
乞う、ご期待!
# by syajikomusyo | 2006-06-24 07:35 | 寺院